2010年03月26日

首相「残念だ。党内の規律が守れない」 生方氏解任で(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は19日朝、産経新聞のインタビュー記事で執行部批判をしたとして生方幸夫副幹事長が解任されたことについて「残念なことになった。党の中で黙って、外で声を上げるとなれば、党内の規律が守れない。こういう議論は大いに党のなかで行ってもらいたい」と述べた。首相公邸前で記者団の質問に答えた。

 首相は「いろいろと党内で意見があることは民主主義の国だから結構だ。大いに自由闊達に意見交換すればいいが、副幹事長なら、中でしっかりと議論すべきだ」と述べ、執行部批判自体を封じてはいないと強調した。

【関連記事】
執行部批判で生方副幹事長解任 「反小沢」に粛清、民主党内紛激化
生方副幹事長、辞任拒否 「小沢氏は元秘書ら3人逮捕されているのに…」
生方幸夫民主副幹事長「党の“中央集権”、首相は小沢氏を呼び注意を」
民主内紛 生方、高嶋両氏それぞれの言い分
小沢氏が幹事長を辞めない理由
20年後、日本はありますか?

小林千代美議員「責任の取り方様々ある」(読売新聞)
22年度予算が参院本会議で可決成立(産経新聞)
<社民党>原子力安全委員人事に反対表明 政府は見直しせず(毎日新聞)
「エネファーム」家庭で夢の発電 エコ+高い熱効率…低価格化に課題(産経新聞)
福島氏、同意人事案に署名「反対ではあるが、署名はやむなし」(産経新聞)
posted by 孝太郎 at 05:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。