2010年01月29日

楽天、百度と提携 中国で「楽天市場」展開へ 台湾、タイに次ぐ3カ国目(産経新聞)

 インターネット通販サイト「楽天市場」を展開する楽天は27日、中国のネット検索最大手、百度(バイドゥ)と提携し、中国でネット通販事業に参入すると発表した。両社は中国内に合弁会社を設立し、中国当局の認可が下り次第、今年後半からネット通販事業を展開する。数年後には中国内でナンバーワンのネット通販事業に育てる考えだ。

 楽天が海外でネット通販事業を手がけるのは台湾、タイに続き、3カ国・地域目になる。三木谷浩史会長兼社長は「今後は世界戦略に打って出る」という成長戦略を描いており、急成長する中国の消費市場を自社の収益に取り込みたい考えだ。

 一方、百度にとっては楽天と組むことで、ネット通販事業に本格参入する形になる。

 両社は今後、中国でネット通販事業を営む合弁会社を設立する。出資額は当初3年間で総額43億円。出資比率は楽天が51%、百度が49%持つ。合弁会社の社長は、経営の主導権を握る楽天から派遣する。

 百度は世界のネット検索サイトの市場シェアでは、米グーグル、米ヤフーに次ぐ世界3位。中国では最大のシェアを持つ。一方、楽天はネット販売事業の売上高で米アマゾンに続く世界第2位の地位にある。

 楽天では同社のネット通販ノウハウと、百度のネット集客力という強みを組み合わせることで「できるだけ早期に中国でナンバーワン通販サイトになる」としている。

【関連記事】
百貨店とネット通販がタッグ 西武池袋本店の物産展に2万人
楽天と宮崎県が協定締結 ネット活用し地域振興
あの「プチプチ」の可能性を無限に広げる美人役員
楽天の三木谷会長兼社長「真の世界企業への脱皮の1年」
不況反映? 楽天で売れたアレこれ

足利再審、菅家さんの追及にも元検事謝罪せず(読売新聞)
現金やパソコン、中古車4台…350万円の窃盗被害(産経新聞)
<名護市長選>県外移設派、稲嶺氏当選 辺野古案困難に(毎日新聞)
<三重大病院>過失認定 国に6千万円賠償命令(毎日新聞)
シカ全頭を安楽死へ 大阪・池田市(産経新聞)
posted by 孝太郎 at 01:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。