2010年01月22日

日韓外相会談 北朝鮮問題で連携を確認へ(産経新聞)

 岡田克也外相は16日午前、来日中の韓国の柳明桓外交通商相と、都内のホテルで会談した。北朝鮮問題では核、ミサイル開発や日本人拉致などに対して、米国を加えた3カ国が緊密に連携し対処していく方針と、北朝鮮に6カ国協議への復帰を強く求めることを改めて確認する見通しだ。

 両国間関係では、岡田氏は18日召集の通常国会に法案を提出する方針の永住外国人への地方参政権(選挙権)付与に関して説明、経済連携協定(EPA)締結交渉についても取り上げるとみられる。首脳同士が年1回程度相互訪問する「シャトル外交」の一環として、李明博大統領の来日時期についても調整する。

 岡田氏はさらに、地球温暖化対策やアフガニスタン・パキスタン支援などで韓国側の協力を求める意向だ。

【関連記事】
北朝鮮の平和協定案に慎重 岡田外相
北朝鮮入国に“横ヤリ”の大臣、過去にもマラドーナ拒否
ハニートラップも?小沢訪中団を狙う中国の危険な“ワナ”
鳩山首相、小沢氏は「二度と出てこないような政治家」
冷静装う米、普天間の深追い避けたが…外相会談の思惑は

ティンカーベルに警告=子供服の原材料など誤表示−消費者庁(時事通信)
加湿器発火4件、6万台リコールへ(読売新聞)
<所得税法違反容疑>セントラル総研社長ら逮捕 さいたま(毎日新聞)
ハイチ地震で輸送機活用を検討 防衛相(産経新聞)
「不受理で大きな不利益ない」300日規定訴訟で岡山地裁(産経新聞)
posted by 孝太郎 at 13:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。