2010年04月28日

民主・生方氏、高速料金めぐる混乱 「党政調の復活が必要だ」(産経新聞)

 民主党の生方幸夫副幹事長は23日、テレビ朝日番組に出演し、高速道路の新上限料金制の見直し問題をめぐる政府・民主党の混乱について、「根本的な問題は党に政策調査会がなくなったからだ。党内できちんと議論して発表しないと国民に多大な迷惑をかける」と述べ、政調復活を重ねて求めた。

 そのうえで「何でもかんでも小沢一郎幹事長のところに(権限が)集中している」と語った。政調復活を求める党内の動きについては「私の(副幹事長解任)騒動があって、『何か言うと第2の生方になる』ということでみなさんトーンダウンしている」と述べた。

【関連記事】
生方氏「強権政治が覆っている」 文芸春秋に論文
生方発言騒動 民主に自浄努力迫る産経 朝日も小沢氏に期待せず
民主が議員立法復活へ 政府が手続き了承 参院選前にガス抜きか
政府が議員立法手続きを了承 復活に向け“解禁”か
「小沢vs生方」は先送り 小沢氏は退席 生方氏は会見司会から除外

<姶良市長選>笹山氏が初当選 鹿児島(毎日新聞)
<サマランチ前会長>死去89歳 IOCで五輪の商業化推進(毎日新聞)
大阪市議補選の内定候補者 橋下知事「アグレッシブ」(産経新聞)
【政論】首相のすり替えに違和感 「愚か」と「愚直」(産経新聞)
沖縄通過の中国艦艇 沖ノ鳥島を1周 日本へ示威 反応探る(産経新聞)
posted by 孝太郎 at 10:22| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

6月13日にはやぶさ帰還=豪州砂漠でカプセル回収−宇宙機構(時事通信)

 宇宙航空研究開発機構は21日、小惑星探査機「はやぶさ」の地球帰還日程(日本時間)を発表した。6月13日午後8時ごろ、小惑星イトカワの砂が入っている可能性があるカプセルを探査機本体から分離する。カプセルは同日午後11時ごろに大気圏に突入し、オーストラリア南部ウーメラの砂漠地帯に落下する見通し。
 はやぶさは2003年5月に鹿児島・内之浦からM5ロケットで打ち上げられ、05年11月にイトカワに着地した。岩石や砂の採集装置がうまく働かなかったが、着地時に砂が舞い上がり、ふたを開けておいたカプセルに入った可能性がある。
 カプセルはウーメラで回収された後、約1カ月かかって相模原キャンパス(相模原市)に運ばれる。砂が入っていれば、太陽系の起源を探る貴重な研究材料となる。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
元気な姿、重力疲れも=「忙しかった」「地球美しい」
「宇宙の話聞きたい」=無事帰還に安堵

<こども環境フォーラム>貴乃花親方も講演 5月1日、東京・明治記念館で(毎日新聞)
国民生活センター 新理事長、存在意義を強調(毎日新聞)
<鳩山首相>普天間、献金で不用意発言連発 後援者懇談で(毎日新聞)
<水俣病>鳩山首相「改めておわび」 救済策の閣議決定で(毎日新聞)
エルトゥールル号遭難120年 トルコに友好の日本庭園(産経新聞)
posted by 孝太郎 at 19:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

体罰の問題施設名は公表すべき? 橋下知事の判断は…(産経新聞)

 【橋下府政ウオッチ】

 何でも公開しろと言っているわけではない。だが、今回は公開するべきだったと思う。

 先日、大阪府内の知的障害児施設で、職員13人が入所する男女に体罰をしたとして、府が指導したと発表した。かかわった人数が多いことを重くみて施設名を尋ねたが、担当職員の答えは「公表できない」だった。

 「体罰を受けたことが公表されると、子供たちがショックを受ける」というのが府の言い分。ただ、かかわった職員が13人と多い。施設側の言い分も聞く必要があると感じていた。

 同時に、府内の別の児童支援施設で男性保育士(23)が女児2人に性的虐待をしたという発表もあったが、こちらは施設名を明らかにするようには求めなかった。被害内容を考えると、女児のプライバシーをさらすべきではないと判断したからだ。

   * * *

 体罰の問題があったのは大阪府寝屋川市の知的障害児施設。昨年9月、施設で研修中だった学生が虐待を見つけ、所属の大学を通じ、府に通報があった。

 府が聞き取りしたところ、入所する5−22歳の21人に13人の職員が馬乗りになったり、たたいたりする体罰を確認。パニック症状を起こした際などに、体の一部を引きずったり馬乗りになったりする体罰もあったが、けがをした入所者はいなかったという。

 府によると、施設では身体的虐待が横行していたといい、担当者も「認識が低く言語道断」と厳しく批判。改善を促したという。しかし、施設名については「公表できない」の繰り返しだった。

 結局、周辺取材などを通じて、施設を確認し、直接訪れたところ、施設の幹部はこう説明してくれた。

 「若い職員が多く、入所者が別の人に迷惑をかけそうな場合、(体罰が)最善と思ったのだろう」「隣の子のご飯をとる子の手をたたくことが虐待だと思わなかった」。虐待への知識や指導の技術が不足しているという印象は受けたが、子供たちへの悪意は感じ取れなかった。

 府が「体罰の時期の特定はできなかったが、以前からあった」と説明しているのに対し、施設側は「長年にわたるものではない」と反論した。

 施設側の説明によると、「昨年夏から秋にかけ、流行した新型インフルエンザの影響で、感染防止のため児童らが外出できなくなり施設内に閉塞(へいそく)感があったのも原因」だという。だからといって、虐待をしてよい理由にはならないが、双方を取材したことで、それぞれの見解に食い違いがあったことも分かった。

 施設長は「認識が甘く、子供たちに対し深く反省している」と述べた。施設側は、被害児童らの保護者にも謝罪。近く外部委員会を設置し、再発防止や体罰に加わった職員の処分を検討するという。

   * * *

 施設側が自ら会見し、反省の言葉を述べているさなか、大阪府庁では、橋下徹知事が定例会見で、施設名を「公表しません」と繰り返していた。施設側が会見していることを知らなかったという。

 今回の問題をめぐっては、事態が発覚したのは、学生の施設研修。府は年に1度、施設を調査しているが、これまで体罰を発見できなかったという。「調査に問題がなかったか検討したい」と話しており、府側にも反省点があることを認めた。

 行政側にしてみれば、施設名を公表するかどうかは、微妙な判断もあると思う。

 ただ、匿名のままでは、ほかの施設にも「虐待があったのはあそこかも」と嫌疑をかけてしまうことになるし、子供を施設に預けようとする保護者の判断材料にもならないという問題もある。

 漠然と、どこかで虐待があったということだけでは、住民が身近な問題として受け取ることも難しいと思うのだ。(中島高幸)


【関連記事】
“橋下節”封印「今日は招かれざる客なのかな」
堺市議5人も“橋下新党”へ
橋下府知事、「市町村への人事権移譲について文科省はOKだった」
橋下知事が阪神高速の料金変更に「自公政権よりひどい」と批判
橋下知事、大阪市長選出馬も 府・市再編で
外国人地方参政権問題に一石

「振り込め」口座用に保険証詐取=架空名義、容疑で2人逮捕−警視庁(時事通信)
ネット選挙解禁で協議=各党(時事通信)
広島市長、非核三原則法制化を要望=首相は慎重姿勢(時事通信)
車掌キセル、聞き取り調査は本人のみ…相模鉄道(読売新聞)
【外国人参政権 欧米の実相】(4)「明日に架ける橋」の皮肉(産経新聞)
posted by 孝太郎 at 09:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。